【紹介】研修参加者の声(教え方研修 2回目)№18

【紹介】「教え方研修」研修レポート №18

 

新人のOJT担当者必見!

4月、新入社員・中途社員に「優しく」「丁寧に」「効果的」””教える方法””を学びませんか?

単に知識やスキルを伝えるだけでなく、

相手が理解し、実践できるまで導くためのポイントを、

具体的な事例を交えてロールプレイング方式で実施します。

対象:OJT担当者、部下後輩を初めてもった先輩社員

研修で学んだことを活かし、新入社員・中途社員の成長は元より「自分自身の成長」に繋げましょう!

ZOOMを使った30分無料セミナー(個別対応)を開催しています!!

お気軽にお申し込みください!!

参加した方の研修レポート(医療・介護関係者)です。

WEB掲載についてご了解を得た一部を紹介します。

1. あいさつとアイコンタクト

  • 笑顔であいさつ、アイコンタクトをすることで、新人との距離が縮まったと感じた。
  • 目がそれると不安になり、アイコンタクトの重要性を再認識した。
  • ボディーランゲージを取り入れることで、より親密な関係を築けることを学んだ。
  • 今後は、積極的にボディーランゲージを活用し、新人・部下後輩との距離を縮めたい。

2. 褒め言葉の効果

  • 自分(部下役)の介助・看護が肯定的に評価され、自信を持つことができた。
  • 新人・部下後輩への声かけは、非常に重要であることを再認識した。
  • 部下後輩への声かけは、明確かつ具体的に行うことが重要である。
  • メッセージカードを通して、指導者からの理解とサポートを感じることができた。(部下役の際)

3. 患者・利用者との良好な関係構築

  • 仕事上の依頼だけでなく、感謝の気持ちを伝えることで、新人・部下後輩との信頼関係を築ける。
  • 目を見て挨拶することで、新人・部下後輩に良い印象を与え、親睦を深めることができる。
  • 普段褒められる機会が少ないため、身振り手振りで褒められると、モチベーションが向上する。
  • 新人・部下後輩の目を見てコミュニケーションを取ることで、安心感を与えることができる。

4. ポジティブな声かけ

  • 看護・介助中にポジティブな声かけを受けることで、自信と安心感を得ることができた。
  • (OJT担当)指導者への声かけは、勇気が必要だが、モチベーション向上に繋がる。
  • 教える際には、ポイントを絞り、分かりやすい言葉で説明することが重要である。
  • 感謝の気持ちを言葉だけでなく、カードで伝えることで、より新人・部下後輩に伝わりやすい。

  • 伝えたいことを3つに絞ることで、新人・部下後輩に理解してもらいやすい。
  • 初心者への指導は、分かりやすくポイントを絞ることで、実践しやすい。
  • 部下後輩の目を見て3秒間アイコンタクトを取ることにより安心感を与える効果がある。

研修で学んだことを活かして

今回の研修で学んだことを活かし、以下に取り組んでいきたい。

  • 笑顔であいさつとアイコンタクトを心がける。
  • ボディーランゲージを活用し、新人・部下後輩とコミュニケーションを取る。
  • 新人部下後輩への声かけは、明確かつ具体的に行う。
  • 感謝の気持ちを言葉だけでなく、カードで伝える。

  • 新人・部下後輩の目を見てコミュニケーションを取る。
  • (OJT担当者)指導者への声かけを積極的に行う。
  • 教える際には、ポイントを絞り、分かりやすい言葉で説明する。

新入社員・中途社員の育成に役立つ無料セミナー!

ZOOMを使った30分無料セミナー(個別対応)に今すぐお申し込みください!

対象:OJT担当者、初めて部下後輩を持った先輩社員

必ず、新人・部下指導(OJT)に「自信」が付きます!!

お申し込みはこちら↓↓↓↓↓

ZOOM 30分無料セミナー(個別対応)申し込み

「ZOOMを使った30分無料セミナー(個別対応)」と書きお申込み下さい。

日程・時間の希望3(案)も一緒にお書きください。

※お近くの場合は、貴社・貴法人へ訪問してのセミナーにも可能です。

    必須貴社名・法人名

    必須ご担当者名

    必須メールアドレス

    お問い合わせ内容

    タイトルとURLをコピーしました