かね

3344025_s
法人は上限最大250万円を給付

2022年3月までの見通しを立てられるよう、コロナ禍で大きな影響を受ける事業者に、地域・業種問わず、固定費負担の支援として、5か月分の売上高減少額を基準に算定した額を一括給付します。
上限額は、売上高に応じて三段階。売上高30%~50%の減少の上限額は
売上高50%以上減少の上限額の6割となります。

個人事業主は上限最大50万円を給付

2022年3月までの見通しを立てられるよう、コロナ禍で大きな影響を受ける事業者に、地域・業種問わず、固定費負担の支援として、5か月分の売上高減少額を基準に算定した額を一括給付します。
上限額は、売上高に応じて三段階。売上高30%~50%の減少の上限額は
売上高50%以上減少の上限額の6割となります。

3344025_s
資金が企業成長を支える
abstract-1838151_1920
企業の成長・人の成長を支援する
3344025_s
資金が企業成長を支える
ellipse-784354_1280
企業成長・人の成長を支援する
previous arrow
next arrow
Shadow

企業経営は「キャッシュ(かね)」です。

質問:オンリーワン経営のコンサルティングは何をするの?

回答:オンリーワン経営のコンサルティングの内容を説明します。

経営は「ひと」「もの」「かね」「情報(知恵)」といわれています。

「かね」について、コンサルティング内容を具体的な実績で説明します。

「キャッシュ(かね)」を改善します

 

オンリーワン経営の支援内容を具体的な実績で説明します。

「キャッシュ(かね)」に関するコンサルティング内容3つのポイント

  1. 金融機関返済原資<減価償却費+税引後利益の徹底
  2. 売上・粗利」の強化
  3. 資金繰りキャッシュフロー」改善
  4. 貸借対照表(B/S)」改善

売上の伸びは高く借入金に頼った資金繰り企業は「膨張企業」と定義しています。

オンリーワン経営の支援内容を具体的な事例で説明します。

1.金融機関の返済額<減価償却費+税引後利益 の徹底

金融機関返済原資<減価償却費+税引後利益の徹底

役員・幹部に徹底させます。

金融機関返済原資<減価償却費+税引後利益から逆算して売上目標、粗利・限界利益目標を決めます。

金融機関返済原資<減価償却費+税引後利益から逆算して先行管理を行います。

金融機関返済原資<減価償却費+税引後利益から逆算してマネジメントを行います。

金融機関返済原資<減価償却費+税引後利益から逆算して人事評価を行います。

2.売上・粗利の安定基盤の良さを特徴に変えていきます。

キャッシュフローや資金繰りも重要な要素ですが、売上・粗利が一番です。

どのような企業も、売上・粗利の安定基盤を持っています。

この良さを特徴に変えていきます。

特徴を、「強み」に変えていきます。

更に「絶対的な強み」に変えていきます。

売上・粗利の1番目
売上=「客数」×「客単価」を分析し安定基盤づくりをご一緒に行います。
「重点」「実行」「徹底」です。

商社・卸・小売り・サービス・メーカー・建設土木等々 業種業態・地域に関係せず基本は同じです。

売上・粗利の2番目

粗利の

「商品構成比」

「顧客別構成比」

「拠点別構成比」

を分析しご一緒に対策を立てています。

「重点」「実行」「徹底」です。

売上・粗利の3番目

営業活動の工程表やワークフロー図を使って分析しご一緒に対策を立てています。

「重点」「実行」「徹底」です。

3.資金繰り・キャッシュフロー改善をしていきます。

第二に「資金繰り」「キャッシュフロー」改善についてご一緒に取り組んでいきます。

具体的には「前払い・定額払い・当月払い」にご一緒にチャレンジします。
サブスクも一つの形態です。
売上と仕入・支払いに時間差があるため「資金繰り」が必要です。
戦略的に考え「前払い・定額払い契約・当月払い」にすると資金繰りが楽になります。
入金と支払いの「時間差」を1日でも短くします。
建設会社でも、「材工一式工事」と「労務(提供工事)」では支払い条件が異なります。
「労務」は当月払い、末締め翌月10日払い等支払い条件が良いです。
少額工事は「現金払い」「高粗利益」という事例は沢山あります。
メーカーでも「支給品」と「労務」を分けています。
メーカーも「労務」は当月払い、末締め翌月10日払い等支払い条件が良いです。
業界特性や地域特性、昔からの慣習にとらわれずご一緒にチャレンジしていきます。

4.貸借対照表(B/S)を大切にします。

第三に貸借対照表(B/S)の改善にご一緒に取り組んでいきます。

経営方針・経営計画に貸借対照表(B/S)基準をご一緒につくり、改善していきます。
各部門方針にも貸借対照表(B/S)改善項目をご一緒につくり、改善していきます。

総資本経常利益率(経常利益/総資本)

自己資本比率(自己資本/総資本、株主資本/総資本)

について中長期的目標や基準をご一緒につくり、改善していきます。

売上・粗利の安定基盤があり、
前払い・定額払い・当月払いであり、
B/Sの目標管理を行うとキャッシュフローや資金繰りは良くなります。

「かね」に関するコンサルティング内容のポイント

「キャッシュ(かね)」に関するコンサルティング内容3つのポイント

  1. 売上・粗利」の強化
  2. 資金繰りキャッシュフロー」改善
  3. 貸借対照表(B/S)」改善

過去のコンサルティング実績

過去の業種別実績はこちら

ご相談はお電話・Zoom等でコンサルタントが直接対応します。

まずはお気軽にお電話を!

022-214-6610

コンサルタント直通です

コンサル中は、転送・携帯に着信履歴・伝言をお願いします。折り返しお電話します

メールでの問い合わせ

こちらからお問い合わせください。

YouTubeセミナー&ブログです

IT導入補助金2022 補助金シミュレーター
IT導入補助金2022補助金シミュレーターデジタル化基盤導入類型の補助金申請可能額をシミュレーションできます。
【IT補助金】2022年度 IT導入補助金2022 (デジタル化基盤導入類型)
IT導入補助金2022(令和3年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)公募要領デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)
【介護最新情報】科学的介護情報システム(LIFE)における 過去の記録の上書きについてvol1077

介護最新情報 【介護最新情報】科学的介護情報システム(LIFE)における 過去の記録の上書きについて VOL1077

【介護最新情報】科学的介護情報システム(LIFE)に関する お問い合わせフォームの再開及び今後の対応についてvol1076

介護最新情報 科学的介護情報システム(LIFE)に関するお問い合わせフォームの再開及び今後の対応について vol1076

【介護保険最新情報】処遇改善加算及び特定処遇改善加算について vol1075
「介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」の一部改正についてvol1075
タイトルとURLをコピーしました