№28 2軸グラフ、移動平均グラフを見ると東京は大丈夫です。

2020/05/01 PCR陽性165名
2020/05/02 PCR陽性160名
を聞いて「ビックリ」「ガッカリ」
更に、緊急事態要請 「全国一律延長」1ヶ月
心が折れた方がいるかもしれません。
※アドバルーン報道 又は 虚偽報道
安心してください!!
確認の為、2軸のグラフ作成しました。
結論
1.14日移動平均は 停滞 又は 低下傾向
2.7日移動平均は、低下傾向から上昇傾向に転じる
3.7日移動平均 変化の理由は
 PCR検査体制整備に伴う、陽性者数の増
以上の結果から、GW明け後の推移を見守る必要がある。
20200503東京コールセンター、検査数、移動平均.png
プラス思考で捉えると(発表の通り)
1.各区役所、東京医師会の努力によりPCR検査体制が整ってきた。
 ①検査人員
 ②検査後の診断人員
 ③検査 試薬、他消耗品が充実
 ④それを支えるハード面、ロジスティックスの充実
  (2・3月と相対的に比較して)
2.一時的に上昇しているだけ。
 タイムリーに検査が受けられず、
 感染拡大につながったと推定される人が
 受けた。結果 陽性になった。
 タイムリーに検査できると
 検査・診断・隔離入院又は隔離療養により
 =拡大防止、沈静化対策が可能
 ※専門家会議 尾身先生がいっていた、下がる角度が緩い
  拡大防止になれば、時間をおいて角度が予定通りになる。
マイナスで捉えると
1.検査から診断までの工程・作業手順のバラツキ
※この点はビジネスの世界と同じです。
 PCR検査・診断にボトルネックがあったようにバラつきが
 発生している可能性があります。
2.新たなクラスターが発生した、隠ぺいがバレちゃった
 ある病院関連 発表の通り
3.ウィルスが突然変異した
※1.の要素もありそうです。
 ある病院のような件が多いのであれば、
 クラスター対策としては対策が明確です。
データ
東京都HP:https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
厚労省HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
■■亡くなった方、ご遺族にはお悔やみ申し上げます■■
■■治療中の方には一刻も早い回復を祈念申し上げます■■
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
TV報道機関は、下記のようなグラフで様々なコメントしてました。
いつものように、不安をあおるカラーを使いながら。
しかも、東京都民が自粛していないような表現もありました。
20200503東京PCR陽性 毎日.png
私は
厚生労働省・東京都HP 公開データ=同じデータを使い
グラフを見えやすく、分かりやすくしているだけです。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
念のため陽性率を見ました。
ある病院の件もありますが
【経営コンサルタントの視点で言うと】
検査数が増えているため、評価が出来ません。
理由:
A:検体を採取するスキルが一定でない(バラつきがある)
B:検体を分析・診断するスキルが一定でない(バラつきがある)
C:検査キット・試薬由来の感度・特異度の違い(バラつき)
 同じメーカーのモノを使っているとは限らない。
等々
もう少し、データが揃うまで評価は待ちたいと思います。
下記のように変なグラフの動きをしている為です。
なお
2020/05/02 神奈川県横浜 民間検査会社「保健科学研究所」検査間違い
38/137件 27.7%の報道がありました。
しかも、原因について保健所の見解と該当企業の見解が違っていました。
原因についてもバラつきがあるわけですから、工程、手順も相当バラつきがありそうです。
ヒアリハット ハインリッヒの法則の通りです。
東京も少し待ちましょう。
20200503東京都陽性率.png
※検査件数は、検査実施日か、報告日かのバラツキがある。
 陽性結果は、検査日、報告日とタイムラグがある。
 そのタイムラグも一定時間ではない。
 休日等の稼働日についてムラがある。
 移動平均で分析したほうが「ベター」である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【感想1】
日本及びG7においては
某国のように、ウィルスが国家元首の命令に従うはずがないと
思うのですが?
abeガ~ に導くストリーは変わらないようです。(ゲッソリ)
私は一日も早い、患者様の回復と経済再開を強く希望するのみです。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【感想2】
2軸によるグラフ作成、移動平均グラフは、この現象(感染症)に
有効な手法のようです。
(※感染症の数理モデルなんて使えない私には)
ビジネスの意思決定に有効なツールです。
皆様の会社で直ぐに使える手法です。
私がコンサルタント会社に入った
35年前と違い、エクセルでサクサクと作れます。
実際マウスのクリック数は6~8回です。
是非、顧客満足アップ、収益アップにご活用願います。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タイトルとURLをコピーしました