№5.新型肺炎後もテレワーク・在宅勤務は続くか?

101-11.PNG  101-12.PNG
新型肺炎後もテレワーク・在宅勤務は続くか?
こんな質問を頂きます。
【回答】結論
テレワーク・在宅勤務は続きます。
072-04.PNG
理由
1.接触感染防止
2.実質 労働時間確保
3.生き方、価値観の変化
154-07.PNG
経緯
【接触感染削減から感染機会削減】
 ①飛沫感染「ヒト」→(飛沫)→「ヒト」
 ②接触感染
 1)「ヒト」→[直接]→「ヒト」
 2)「ヒト」→<モノ>→「ヒト」
   具体的には
   「手」→<モノ>→「ヒトの手」→「目鼻口」感染
 を防止する為です。
  097-13.PNG
 マスクの目的も追加されました。「口 鼻の粘膜感染防止」です。
 社内で業務であったとしても
 ②接触感染
 1)「ヒト」→[直接]→「ヒト」
 2)「ヒト」→<モノ>→「ヒト」
 を避けましょう。
 「ペーパーレス」=紙伝票、共通の筆記用具
 「ハンコレス」=業務アプリ ワークフローでの決済、承認、差し戻し
 「手洗い」
 「殺菌・除菌」=ドアノブ、取手、
  マウス、キーボード、机の上、ファイル
 「手」→<モノ>→「ヒトの手」→「目鼻口」
  感染防止を進めましょう!!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
厚生労働省
1)働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)
  交付申請の受付は令和2年12月1日(火)までです。
2)新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース
 交付申請:令和2年5月29日(金)
オンリーワン経営においてもご支援しております!!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【接触感染削減→感染機会削減へ転換】
1秒でも早い経済再開を希望します!!

タイトルとURLをコピーしました