№25 14日移動平均で試算しました。5月中旬頃まで必要そうです。

2020/04/30 10:00時点で試算しました。
2020/04/29までは実績
2020/04/30以降は仮説
シナリオA案 ▲05人/前日比
シナリオB案 ▲10人/前日比
シナリオC案 ▲20人/前日比
20200430試算 データ.png
上記データに基づき
毎日 グラフ
20200430試算 毎日グラフ.png
14日移動平均 グラフ
20200430試算 14日移動平均.png
G7比較 死亡者数 グラフ
20200427G7+中国 通常グラフ.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【試算しての感想】
新型肺炎のウィルス 緊急事態宣言 2020/04/07発令
踏み込んだ活動制限 80% 期間 約2週間は厳しそうです。
2020/04/16 夕方~2020/04/30の間
踏み込んだ活動制限 80% 期間1ヶ月程度は必要そうです。
2020/04/16 夕方~2020/05/18頃
均して、PCR陽性 毎日▲10名ですとよさそうです。
※1.医療機関の負荷のデータは持ち合わせていません。
※2.再生産数のデータは持ち合わせていません。
  R2.5に対する実績。
私は素人ですが
北海道大学 西浦博教授の試算は、当たっていたようです。
(大変 失礼な表現で申し訳ございません)
また、他国の「ロックダウン」約2ヶ月も理解できます。
この、新型肺炎ウィルスの特徴のようです。
G7での死亡者数を比較すると、日本は「成功」と思います。
根拠:
1.死亡者数(日本100単位、カナダ1000単位 米国10000単位)
2.オーバーシュート=感染爆発が発生していない
3.医療崩壊していない
この間 感染者数の「山を遅らせる」「山を低くする」が出来
結果として、報道の通り
1.治療薬の試験データ収集、その後の承認までの目安が出来た
2.次期シーズン 2020秋-2021春 ワクチン 試作が出来た
次は経済回復のタイミングですね!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

タイトルとURLをコピーしました