№20 東京都の変化は?7日移動平均グラフでは低下傾向にあります。

小池都知事のGW→スティホーム週間への記者会見がありました。
東京都の変化を確認します。
東京都HPのデータより集計・グラフ化
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
複合グラフを作成しました。
下記 データの 7日移動平均です。
東京都コールセンターへの問合せ件数 青 棒グラフ 左1軸
東京都PCR検査「実施」件数      赤 棒グラフ 左1軸
東京都PCR検査「陽性」件数      緑 折れ線グラフ 右2軸
【結論】
1.PCR検査 陽性件数は下降傾向にある。
2.PCR検査 検査件数は 物理的限界 又は 
  必要な患者が一定程度である。
3.新型肺炎に対する問合せ件数は、非常事態宣言後増加傾向にある。
【木村推測】
 非常事態宣言後 不安で2000件/日 問合せするが、
 PCR検査は、300件/日 一定程度で推移
 PCR検査陽性 7日移動平均は、4/14 161件を
 ピークに低下傾向にある。
202004254東京都 複合グラフ.png
矢印 マーカーを加えます。
202004254東京都 複合グラフ.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
TV報道機関で見る映像、TVが「見せる」映像です。
東京都 PCR陽性 累計折れ線グラフ(単位:人)
20200425東京都 PCR陽性 累計.png
永遠に続くのでは?と大変不安に感じます。(感じさせます)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
東京都 PCR陽性 棒グラフ(単位:人)
20200425東京都 PCR陽性 累計棒グラフ.png
※折れ線グラフより、棒グラフを使うと、視覚的に「面」
 として捉え多いように感じます。
 さらに色は赤を使うと注意喚起、不安増幅には効果的です。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
毎日(デイリー)グラフ(単位:人)
なんとなく変化している感じがします。
但し、検査の上限・キャパ、曜日によるバラツキも考えられます。
20200425東京都 PCR陽性 毎日.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
3日 移動平均グラフ(単位:人)
変化の感じが傾向としてわかります。
但し、検査の上限・キャパ、曜日によるバラツキも考えられます。
20200425東京都 PCR陽性 3日移動平均.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
7日 移動平均グラフ(単位:人)
「下降傾向」変化の感じがハッキリと判るようになります。
毎日・3日移動平均よりも検査の上限・キャパ、
曜日よるバラツキを補正出来そうです。
20200425東京都 PCR陽性 7日移動平均.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
14日 移動平均グラフ(単位:人)
「鈍化傾向」変化の感じがハッキリと判るようになります。
毎日・3日・7日移動平均よりも検査の上限・キャパ、
曜日よるバラツキを補正出来そうです。
20200425東京都 PCR陽性 14日移動平均.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
念のため死亡率を確認します。
死亡率 死亡者数/PCR陽性 (単位:%)
死亡率は2%程度で安定しているようです。
20200425東京都 死亡率.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
以上 全て同じデータを使いました。
同じデータを目的に合わせて「計算」「グラフ」を使い分けます。
ビジネスでも使える「初歩的」手法です。有効活用して下さい。
3日の移動平均の式は、SUM(範囲)/3
7日の移動平均の式は、SUM(範囲)/7
14日の移動平均の式は、SUM(範囲)/14
7日の移動平均と14日の移動平均で検証することが良いと思います。
【理由】
新型肺炎の場合は、
感染から発症までの期間が5~7日程度
その後、受診、検査、検査結果通知、東京都へ報告・公表 14日程度
公表データからでもある程度、予測はつきます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
念のため「色」「矢印」の効果も確認します。
少し、「希望」を感じませんか?
20200425東京都 PCR陽性 7日移動平均 グリーン.png
【再掲】
複合グラフ
「終息」とは言えないが、「低下傾向」「沈静化傾向」にある。
202004254東京都 複合グラフ.png
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
なお、北海道大学 西浦博教授のマスコミ向け解説(勉強会)映像があります。
「すごい!!」と思いました。
お暇な場合は是非ご覧ください。
YouTube URL張り付けておきます。

北大・西浦教授「8割接触削減」評価の根拠について説明(2020年4月24日)

専門家のように各種データがなくても、公表データ加工で
経営判断に活用できるものは揃います。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
TV報道機関の一方的情報は「エビデンス」を確認しましょう。
今回の新型肺炎は虚偽報道も暴露してくれました。大変勉強になりました。
金融商品取引法 風説の流布・偽計、相場操縦が
適用されないのか心配になりました。
そこに広告費を払い一儲け企んでいたら可能です。
こんなことでいいのか?疑問に感じました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
厚労省専門家会議記者会見、大阪吉村知事記者会見を見ていると
記者の質問レベルの「高さ・低さ」、「勉強不足」
「悪意ある角度をつけた質問」は面白いです。
大阪の記者は勉強しているし、レベルが高いです。
吉村知事の教育=OJTによるもです。
橋下元知事、松井市長からの伝統でしょうか?
上司としてはありがたい知事ですね!
それに控え●●や●●・・・・・
YouTube公開・公表によって
ビジネスモデルの終焉、転換を感じました。
スティホームウィークは青葉の中のRUNと
TV断食にチャレンジします。
精神衛生上「いい感じ」になると思います。

タイトルとURLをコピーしました